© 2019 by Akari Yasuda-Akiki

 Leviathan (2017)

Video installation Laviathan (2017), relates to some found hybrid objects which I picked up from the beach by the Dungeness Nuclear Power Station in Kent.

 

The pebble beach was very empty, with only some sea kales growing on the pebbles. Strong winds were blowing, and unused old boats and old nylon fishing nets were scattered from abandoned sheds. Because of the complete absence of people, the atmosphere was sad, surreal, and slightly post-apocalyptic, but it was somehow very beautiful too. I found these objects on the beach. They are a mixture of dried seaweed, shells with barnacles, nylon fivers of fishing nets, formed, perhaps, by strong wind and preserved, maybe, by the tampering of humans.

 

These appeared to me like a hybrid natural/artificial monster. The objects are natural, and remind me of the power of the earth but also carry signs of industrialisation and technological advancement. This resonated with the natural/unnatural hybridity of the setting – a garden/beach very close to a Power station.

リヴァイアサン(2017年)

ビデオ・インスタレーションLaviathan(2017)は、イギリス・ケント州のダンジェネス原子力発電所のある浜辺から見つかった混合物に関連している。

ごろごろした小石の浜辺には誰もおらず、小石のフィールドにはシー・ケールが点々と生えているだけだった。強い風が吹き、使われなくなった古いボートやナイロンの漁網が放棄された倉庫から散らばっていた。人の姿の完全な欠如のために、雰囲気は悲しく超現実的で、わずかに黙示録的だったが、それは何とかとても美しいものでもあった。私はこれらの物体をビーチで見つけた。それらは乾燥した海藻、フジツボの貝殻、漁網のナイロンなどの混合物で、おそらく強風によって形成されたが、浜辺に人が来ないためその形を保っている。

これらは自然と人工のハイブリッドの怪物のように見えた。物体は自然であり、地球の力を思い出させるだけでなく、工業化と技術的進歩の兆しも伝える。映画監督デレク・ジャーマンが晩年に作った庭から間近に見える大きな発電所も得体の知れない恐ろしい怪物に見えた。