© 2019 by Akari Yasuda

 

11 03 2011  (2014)

Video Installation (W90 x D100 x H150 cm)
​Projected video, clock and human heartbeats, A3 photocopy prints for taking away

 

In this video installation, I presented still images taken with my mobile from my office, over the course of one year, and edited them to the beat of my heart. These images included those taken five hours after the East Japan Earthquake in Tokyo. Here, rhythms of life and perseverance were intertwined with pulses of destruction and fragility.

 

Previously, as a journalist of weeky news magazine, I had written about Fukushima but grew frustrated because of the inability of words and of science to grasp the complexity of human sentiment and to reflect the “truth”

The print on yellow paper is taken from an article which I published about the Annual Shareholders' meetings of TEPCO - the corporate owner of Fukushima Nuclear Power Station. I deleted all the words and left only numbers – the nuance of the written word replaced by the clinical precision of the numeral.

11 03 2011(2014年)

ビデオ・インスタレーション(W90 x D100 x H150 cm)

ビデオプロジェクター、時計の秒針の音、人間の心臓の鼓動、配布用A3プリント

このビデオ・インスタレーションでは、私が当時勤めていた東京の出版社のオフィスより2010年8月から2011年8月までの1年間にわたりスマートフォンで撮った静止画を、私の心臓の鼓動に合わせて編集し提示した。その中には2011年3月11日、東日本大震災の直後に撮影された画像も含まれている。

当時、私は週刊誌の記者として原発事故について書いていたが、言葉では人間の感情や複雑に入り組んだ事情などを捉えられず、「事実」を反映することができなかったことにもどかしさを感じた。

黄色い紙に印刷されたものは、福島原子力発電所の企業オーナーである東京電力の株主総会を取材した私が出版した記事からの引用だが、すべての言葉は削除し、数字だけ残した。 書き言葉のニュアンスは数字の客観的・分析的な精密さによって置き換えられた。